QNAP Virtualization Station

Virtualization Staion

QNAP Virtualization Stationとは

QNAP Virtualization Stationは、オープンソースプロジェクト - KVM (Kernel-based Virtual Machine) をベースに、QNAP NAS(Intel VT、x86、またはAMD-Vを搭載したQTSオペレーティングシステム)で利用できる仮想化ソリューションです。
QNAP NASで複数のオペレーティングシステムを稼働させることができ、デプロイされているすべての仮想マシンを集中的に管理・監視できます。

優れた機能性とパフォーマンスにより、HDMI 経由でVMに直接接続することでQNAP NASをPCとして使用したり、組み込みのネットワーク仮想スイッチやUSBデバイス、さらには外部GPU*に接続するなど多用途性を発揮します。
また、Snapshotの利用で障害からVMを保護し、仮想化環境のデータ損失を防ぐデータ保護機能が充実しています。

*GPU パススルーには、特定の QNAP NAS モデルが必要となります。詳細については、https://www.qnap.com/ja-jp/をご覧ください。

概要

  • Appセンターで容易な
    インストレーション

    QNAP App CenterからVirtualization Stationをインストールして、僅か数クリックで仮想マシンを動作させることが可能です。

  • 様々なオペレーティング
    システムに対応

    Virtualization Stationは、Microsoft WindowsOSからUbuntu、Red Hat、CentOS、FreeBSD、SunSolaris、一般のUNX系システムなど、様々なモダンなオペレーティングシステムをサポートします。

  • ユーザーベースの権限

    特定の仮想マシンへのアクセスを容易に管理できる組み込みのアクセスコントロールリスト(ACL)を提供し、各VM毎に特定ユーザーに対して、権限を割り当てできます。

  • 集中型VM管理

    Virtualization Stationによって展開されたすべての仮想マシンを集中的に監視・管理し、CPU、RAM、ストレージ容量といったリソースを割り当てます。

  • VMのインポートとエクスポート

    僅か数クリックで簡単に仮想マシンのインポートやエクスポートが可能です。サポートするファイルタイプは、*.ova、*.vmx、*.ovf、*.qvmなどのフォーマットです。

  • VMのバックアップと復元

    Virtualization Stationでのバックアップと復元では、各仮想マシンの高速な災害時復旧が可能です。VM Snapshotは、ランサムウェア攻撃やその他の緊急事態を防止する場合にもVMを元に戻すことができます。

特長

  • VMにどこからでもアクセス

    Virtualization Station 3で簡単に、仮想マシンにリモートアクセス*できます。Google Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer、SafariなどHTML5互換のWebブラウザだけです。また、各仮想マシンに対してVNC接続が利用できます。

    *リモートアクセスにはご利用のルータにポートフォワーディングを設定する必要があります。Webブラウザのためには、ポート8088 (HTTP)または8089(HTTPS)が必要です。VNCアクセスのためには、Virtualization Stationでの各VMに割り当てられたVNCポートを使います。

  • 多様なネットワークモードをもつ仮想スイッチ

    ブリッジネットワーク構築
    イーサネットインターフェイス*を仮想スイッチに接続すると、ブリッジネットワークが構築されます。NASと仮想スイッチは同じイーサネットインターフェイスを共有できます。また内部ルーティング経由で高速なデータ転送が可能です。 *ポートトランキングには3つのモードがあります。

    • アクティブバックアップ
    • IEEE 802.3ad
    • Balance-tlb

    外部専用ネットワーク構築
    仮想スイッチのイーサネットインターフェイスを指定し、仮想スイッチと外部ネットワークの間の専用ルーティングを可能にします。

    ネットワークの分離
    イーサネットインターフェイスを仮想スイッチに接続せず、ネットワークを分離します。同じ仮想スイッチに接続されている異なるVM間で通信するためには、それぞれのVMにマニュアルIP設定が必要です。

  • USBとGPUパススルー

    Virtualization Stationは、USB*接続の外付け周辺機器を複数の仮想マシンに直結できる仮想パススルーをサポートしています。
    これは、PCIe外部グラフィックカードを仮想マシンに割り当てできるGPUパススルーもサポートしており、OpenGLとDirectXに完全対応の仮想マシン上でGPUのネイティブ並の能力を実現します。

    *QNAPはユニバーサルUSBサポートは保証できません。USB 3.0 は、 Windows 8以降でのみ利用可能です。

  • QvPC:NASをPCに

    HDMI対応のQNAP NASが利用できるローカルディスプレイ技術であるQNAPのHD Stationにより、NASをパーソナルコンピュータとして利用できます。

    QVMアプリをHD Stationにインストールして、お使いのNASにHDMI接続モニター、USBキーボード、マウスをつなぐだけです。
    VMがHD Stationに表示され、PCワークステーションのように動作コントロールが可能です。

システム要件

ファームウェア: QTS 4.1 以降のバージョン
Virtualization Station -システムメモリ要件[1]: >= 2GB
同時実行VM の推奨数[2](および最大メモリ容量)は、予めお問合せ下さい

  • [1]VMに利用できるメモリは、システムの合計メモリからQNAPNASに予約されているメモリを差し引いた分になります。
  • [2]同時実行VMの推奨数は、利用できるメモリとCPUリソースを評価して計算されています。この数は、TurboNASで実行するVMアプリケーションと有効になっているアプリケーションサービスによって変わる場合があります。
  • 注)搭載メモリ(拡張不可)に起因し、仮想マシンが利用できるメモリは512MBです。多くの場合、これはLinuxベースOSの軽量アプリケーションに最適です。 VirtualizationStationは、IntelVT-xまたはAMDVirtualizationテクノロジーに対応したQTS搭載NASのみ導入可能です。TS-x20,TS-x21,TS-x69Pro,TS-x69Lそしてその他ARMベースの製品やエントリーモデルではVirtualizationStation.を実行できません。詳細情報についてはQNAPのWebサイトをご確認ください。
↑