QNAP バックアップ ソリューション

■ ファイルサーバのバックアップ


● RTRR(リアルタイムリモートレプリケーション)の機能を使用して、CIFS共有フォルダをQNAPにバックアップ
● バックアップジョブを作成してスケジュールバックアップ等の設定が可能

QNAP Turbo NAS専用オペレーティングシステム「QTS」が提供するRTRR(リアルタイムリモートレプリケーション)サービスを使用すると、遠隔地にある別のTurbo NASまたはFTPサーバーにリアルタイムでバックアップすることができます。または、rsyncプロトコルで標準のrsyncサーバーに定期的にバックアップすることができます。 RTRRを使用して、バックアップ元のTurbo NASはバックアップフォルダを含むファイル群を監視して、バックアップ先へファイルデータの変更内容を同期します。IT管理者はインスタントバックアップと定期バックアップでバックアップタスクを簡単に低コストで実行できます。
qnap_bk_01

■ クライアントPCのバックアップ


● WindowsクライアントもしくはMacクライアントのバックアップをQNAPに取得
● WindowsクライアントはQNAP NetBak Replicator等を使用して、任意のデータのスケジュールバックアップが可能
● Apple Time Machineをサポートしており、Time Machineを使用したMacクライアントのバックアップが可能

QNAP NetBak Replicatorは、ライセンス不要のバックアップユーティリティです。Windows PCは、ネットワーク上にあるTurbo NASへファイルをバックアップすることができます。操作は非常にシンプルで、リアルタイム同期、定期バックアップ、自動バックアップを設定しておけば、ほんの数回のクリックで設定が完了します。

Turbo NASはApple Time Machineをサポートしています。MacOS Xユーザーは簡単にTurbo NASにデータをバックアップすることができます。また、バックアップジョブのために割り当てられるストレージ容量を設定できますので、IT管理者はMacデータのバックアップ専用として、一定の容量を確保することが可能です。
qnap_bk_02

■ クラウドバックアップ


● Amazon S3、Microsoft Azure、Google Drive等のパブリッククラウドストレージサービスに、QNAP上のデータをバックアップ
● バックアップ用のソフトウェアはQNAPのApp Centerから入手可能
● バックアップジョブを作成し、スケジュールバックアップ等の設定が可能

QNAP Turbo NAS専用のオペレーティングシステム「QTS」は、使いやすく機能が豊富で便利で安全なクラウドストレージと連携したバックアップソリューションを提供します。Microsoft Azure、Amazon Glacier、Amazon S3、ElephantDrive、Google Drive、Dropbox、IBM SoftLayer など、さまざまな企業クラスのパブリッククラウドストレージサービスにデータをバックアップできます。

クラウドバックアップ用のソフトウェアは、App Centerからダウンロードできます。また、OpenStack Swift とWebDAVと互換性のあるさまざまなプライベートクラウドストレージソリューションに対応しています。QTSはクラウドストレージの入口となり、簡単で安価な障害復旧計画の作成を支援します。さらに、アーカイブやコンプライアンス目的でも安心してデータを保管できます。

LAN上のデバイスに散らばっているデータをQNAP Turbo NASにバックアップするだけでなく、障害復旧計画を作成し、QNAP Turbo NAS上のデータのコピーを保存することも同じくらい重要です。 QNAP Turbo NASは、データの紛失時の復旧のために、クラウドストレージサービスにデータをバックアップするための方法をいくつか備えています。

qnap_bk_03
サポートするクラウドサービス
qnap_bk_04

↑