FAQ

  • ストレージ
    共有フォルダ
    チュートリアル
    バックアップ
    2016.03.09

RTRR(リアルタイムリモートレプリケーション)でのQNAP NASデータの保護

RTRR(リアルタイムリモートレプリケーション)はQNAP NASが提供する独自の強力なバックアップ機能で、新規ファイルと変更済みファイルを(ローカルNASまたは外部ドライブ上の)別のフォルダまたはリモートNASに直ちにバックアップします。RTRRはバックアップの効率性の向上を図り、バックアップ時間を短縮します。NASからリモートFTPサーバーへ、またはリモートFTPサーバーからNASへのデータバックアップにも対応しています。
FAQ-feature01

以下の指示に従って、RTRRオプションを設定してください。スクリーンショットはファームウェアバージョンが異なる場合、同じように表示されないことがあります。

A. リモートRTRRサーバー(QNAP NAS)で設定の設定

  • 管理者としてNASにログインし、「Application Servers(アプリケーションサーバー)」 > 「Backup Server(バックアップサーバー)」の順にポイントします。
  • 「RTRR Server(RTRRサーバー)」タブの下で、「RTRR Server’ tab click ‘Enable Real-time Remote Replication Server(リアルタイムリモートレプリケーションサーバーを有効にする)」をクリックします。
  • デフォルトのサービスポートは8899です。ポート番号を変更する必要はありません。
  • RTRRバックアップ用のパスワードを入力してパスワードを検証し、「Apply(適用)」をクリックします。
  • FAQ-feature02

    注 : ファイルをローカルフォルダに同期化するために、またはFTPプロトコルを使用するために、RTRRサーバーを有効にする必要はありません。

    B. ローカルNASでジョブ設定の設定

    1.「Backup(バックアップ)」 > 「Remote Replication(リモートレプリケーション)」の順にポイントします。
    2.「RTRR」タブの下で「Create New Replication Job(新規レプリケーションジョブの作成)」をクリックして、ウィザードを開きます。
    FAQ-feature03
    3.「NEXT(次へ)」をクリックします。
    FAQ-feature04
    同期場所を選択します。以下のようにデータのバックアップを選択できます。

  • Local folder to remote folder(ローカルフォルダからリモートフォルダへ)
  • Remote folder to local folder(リモートフォルダからローカルフォルダへ)
  • Local folder to local folder or external drive(ローカルフォルダからローカルフォルダまたは外部ドライブへ)
  • この例では、「ローカルフォルダからリモートフォルダへ」を選択してローカルNASからリモートNASへファイルを複製します。「NEXT(次へ)」をクリックして続行します。
    FAQ-feature05

    5.リモートNASのIPアドレスとリモートNAS(「Application Servers(アプリケーションサーバー)」 > 「Backup Server(バックアップサーバー)」)で設定されたRTRRパスワードを入力し、「NEXT(次へ)」をクリックして続行します。
    FAQ-feature06

    6.バックアップフォルダとターゲットフォルダ用のソースフォルダを選択します。バックアップ用のフォルダペアをさらに追加するには、「Add More Folder Pairs(さらにフォルダペアを追加する)」を選択します。「NEXT(次へ)」をクリックします。
    FAQ-feature07

    7.バックアップモードとして「Real-time(リアルタイム)」を選択し、「NEXT(次へ)」をクリックします。「Schedule(スケジュール)」を選択してバックアップスケジュールを設定することもできます。リアルタイム同期化は、リアルタイムモードでのみサポートされていることにご注意ください。データ転送の効率をアップするためにバックアップポリシーとフィルタを設定するには、「Configure policy and filter(ポリシーとフィルタの設定)」をクリックします。
    FAQ-feature08

    8.リアルタイムモードが選択されているとき、次のポリシーを有効にして設定することができます。

  • Detect sparse files (解析ファイルの削除)
  • Ignore symbolic links (シンボリックリンクを無視する)
  • Extended attributes (拡張属性)
  • Timeout and retry settings (タイムアウトおよび再試行設定)
  • 「NEXT(次へ)」をクリックして続行します。

    FAQ-feature09
    9.必要に応じて、次の項目の基準を指定できます。基準に一致するファイルのみが複製されます。

  • File size (ファイルサイズ)
  • File date/time (ファイルの日付/時刻)
  • Include file types (含まれるファイルタイプ)
  • Excluded file types (除外されたファイルタイプ)
  • 「NEXT(次へ)」をクリックして続行します。
    FAQ-feature10

    10.同期ジョブ名が自動的に生成されます。必要に応じて、名前を変更できます。「NEXT(次へ)」をクリックします。
    FAQ-feature11

    11.設定を見直し、「NEXT(次へ)」をクリックして続行します。
    FAQ-feature12

    12.「FINISH(終了)」をクリックしてウィザードを終了します。
    FAQ-feature13

    ターゲットのホストとレプリケーションジョブ名がリストに表示されます。ステータス列には、フォルダがモニタされていることを意味する「Standby(スタンバイ)」が表示されます。ソースフォルダへの変更はすべて、リモートサーバーに直ちに複製されます。

    FAQ-feature14

    ↑