FAQ

  • インターネット
    チュートリアル
    2016.03.10

QNAP Turbo NAS にインターネットでリモートアクセスできるように DDNS サービスを設定する

「どこからでも Turbo NAS に接続」
FAQ-ddnsservice_01
DDNS (Dynamic Domain Name Service) はドメイン名をネットワークデバイスの動的 IP アドレスにマッピングするためのサービスです。 QNAP Turbo NAS は DDNS 対応であり、非常に長い IP アドレスの代わりに覚えやすいドメイン名 (URL) を使い、インターネットサーバーにすばやくアクセスすることができます。 IP が変更されると、Turbo NAS はその情報を自動的に DDNS サーバーに更新するので、リモートアクセスできる状態が常に維持されます。

1. DDNS サービスを登録します

1.1 ドメイン名
ドメイン名は DNS (Domain Name System) プロバイダーがインターネット IP アドレスを名前に変換したものです (例: 「74.125.153.104」は www.google.com になります)。

1.2 無料の DDNS アカウントを登録する
Turbo NAS が動的 IP アドレスを使用するように設定されている場合、DNS サービスプロバイダーからの無料の DDNS アカウントを登録し、一意のホスト名を割り当てることで、インターネット経由で Turbo NAS に簡単にアクセスできます。

DDNS アカウントを登録するには、以下の手順を参照してください。
DNS サービスプロバイダーを選択します。 Turbo NAS は現在のところ、次の DDNS サービスプロバイダーをサポートしています。
  http://www.no-ip.com/
  http://www.dyndns.org/
  http://update.ods.org/
  http://www.dhs.org/
  http://www.dyns.cx/
  http://www.3322.org/
  http://selfhost.de

ここでは、 http://www.no-ip.com/ を例にアカウントを作成します。

メインページで、「サインアップ」を選択し、No-IP アカウントを登録します。
FAQ-ddnsservice_02
フォームに入力し、アカウントを作成します。
FAQ-ddnsservice_03
登録した電子メールアドレスに確認の電子メールが送信されます。 電子メール内のリンクをクリックし、アカウントを確定します。
FAQ-ddnsservice_04
アカウントが有効になります。
FAQ-ddnsservice_05
Turbo NAS のホスト名を登録します。 No-IP ホームページに進み、「ホストの管理」を選択します。
FAQ-ddnsservice_06
「ホストの追加」を選択します。
FAQ-ddnsservice_07
ホストを登録するとき、ホスト名は一意で覚えやすいものにします。 たとえば、「QNAP」を使用し、「ddns.net」を選択します。 それから、「ホストの追加」をクリックします。
FAQ-ddnsservice_08
ホストが有効になります。
FAQ-ddnsservice_09
これで Turbo NAS にログインし、DDNS サービスを設定できます。

1.3 Turbo NAS で DDNS サービスを構成する
Turbo NAS にログインし、「システム管理」 > 「ネットワーク」 > 「DDNS」の順に進みます。 DNS サービスプロバイダーで登録した DDNS 情報を入力します。 DDNS レコードを定期的に更新するように Turbo NAS をスケジュールすることもできます。その場合、「外部 IP アドレスを自動的にチェックする」オプションを選択します。
FAQ-ddnsservice_10
以上の設定を完了すると、Turbo NAS はドメイン名のマッピングのために WAN IP を DDNS プロバイダーにアップロードします。 これで先に選択したドメイン名 (この例では、qnap.dyndns-office.com) を利用し、Turbo NAS に接続できます。


1.4 検証の必要がある場合、DNS を調べる

Turbo NAS のドメイン名がその WAN IP に正しくマッピングされていることを確認するには、 http://www.mxtoolbox.com/DNSLookup.aspx にアクセスします。 DNS 参照にドメイン名を入力すると、IP アドレスが返されます。
FAQ-ddnsservice_11

2. ポート転送

Turbo NAS が NAT ルーターの後ろに置かれている場合、Turbo NAS にリモートアクセスするには特定のポートを開く必要があります。 この機能はほとんどのルーターで利用可能です。「ポート転送」、「NAT サーバー」、「仮想サーバー」と呼ばれることもあります。 サービスと対応するポート番号を選択し、そのポートをルーターで開き、インターネットでアクセスできます。 たとえば、Turbo NAS の管理インターフェイスにアクセスするには、ポート 8080 を開く必要があります。

表 1: Turbo NAS で現在開いているサービスポート
FAQ-ddnsservice_12

↑