FAQ

  • クラウド
    チュートリアル
    バックアップ
    2016.03.10

QNAP NAS データを MICROSOFT AZURE ストレージにバックアップする

QNAP QTS は複数のクラウドバックアップソリューションをサポートします

QNAP QTS は使いやすく、機能が豊富で、安全なクラウドバックアップソリューションを提供します。Microsoft Azure、Amazon S3、Amazon Glacier、IBM SoftLayer を含む、さまざまな企業クラスのパブリッククラウドストレージソービスにデータをバックアップできます。 S3、OpenStack Swift、WebDAV と互換性があるさまざまなプライベートクラウドストレージソリューションもサポートします。 QNAP QTS は、簡素で安価な障害復旧計画を構築できるクラウドストレージゲートウェイです。また、アーカイブまたはコンプライアンスのために、心配の要らない方法でデータを保護できます。

このチュートリアルでは、QNAP の Azure ストレージアプリを Turbo NAS で使用し、Microsoft Azure Storage にデータをバックアップする方法について説明します。

QNAP QTS は強力で安全なクラウドバックアップを可能にします

QNAP QTS Cloud Backup for Azure Storage は次の機能をサポートします。
1. 手動バックアップと定期バックアップの両方をサポートします
2. 完全バックアップと増分バックアップをサポートします
3. 種類、日付、大きさに基づいて自由自在にファイルをフィルター処理できます
4. SSL 転送暗号化とクライアント側の AES-256 暗号化をサポートします
5. 複数のクラウドアカウントを管理できます
6. ダッシュボードとジョブの統計をサポートします。
7. ネットワークエラー障害オプションを設定できます
8. ジョブ活動をログに記録し、履歴を追跡できます
9. 1 つのジョブでマルチスレッドのデータ転送をサポートします
10. ジョブを同時に実行できます
11. 障害復旧シナリオのためにクラウドから直接復旧できます

Microsoft Azure は信頼できる高性能クラウドストレージを提供します

Microsoft Azure は、データサイズに関係なく、拡張可能で耐久性のあるクラウドストレージ、バックアップ、復旧のソリューションを提供します。 すでに所有しているインフラストラクチャと連動し、対費用効果の高い方法で既存のアプリケーションと事業継続戦略を強化します。保存しているデータの分だけ料金を支払います。

Microsoft Azure は、(1) ブロブ、(2) テーブル、(3) キューの 3 種類のストレージを提供します。 ブロブにはブロックブロブとページブロブの 2 種類があります。 QNAP の「Azure Storage」アプリではブロックブロブを利用してデータを保存します。ブロックブロブは、ビデオ、オーディオ、イメージなど、構造化されていないテキストまたはバイナリデータを大量に保存するように設計されているためです。

Microsoft Azure のブロブの概念

ブロブサービスは次の要素から構成されています。
FAQ-Azure_01

  • ストレージアカウント: Azure Storage へのすべてのアクセスはストレージアカウント経由で行われます。
  • コンテナー: コンテナーはひとそろいのブロブをグループにします。 すべてのブロブはコンテナーに入れる必要があります。 アカウントに入るコンテナーの数には制限がありません。 コンテナーに保存できるブロブの数には制限がありません。
  • ブロブ: 何らかのタイプとサイズのファイルです。
  • URL 形式: ブロブには URL 形式 http://.blob.core.windows.net// でアドレスを指定できます。
  • Microsoft Azure を使用するための準備

    Microsoft Azure アカウントの取得
    1.Azure Storage を使用するには Azure アカウントが必要です。 Azure アカウントを持つことで、アプリケーションはすべての Microsoft Azure サービスにアクセスできます。 1 つの Azure アカウントで最大 200TB のブロブ、キュー、テーブルデータを保存できます。
    2.Azure サービスアカウントを持っていない場合、Microsoft Azure ウェブサイトで Microsoft アカウントを申請できます。 中国を拠点とするユーザーのために Microsoft は専用サイトを用意していることに注意してください。 中国で Azure サービスを利用する場合、Microsoft の中国向け Azure ウェブサイトにアクセスしてください。
    FAQ-Azure_02

    1. Azure サービスアカウントを持っている場合、次の手順で自分の Azure ストレージアカウントを作成してください。 ナビゲーションパネルの左下にある「新規」をクリックし、サービスを作成します。
    FAQ-Azure_03

    2.「データサービス」 > 「ストレージ」 > 「簡易作成」の順にクリックします。
    FAQ-Azure_04
    3. 「URL」に、ストレージアカウント URL で使用するサブドメイン名を入力します。 この名前はストレージアカウント名にもなります。
    4.「地域/アフィニティグループ」で、ストレージの地域を選択します。
    5.「複製」で、ストレージアカウントの複製レベルを選択します。 既定では、「地理的冗長」に設定されています。 他の選択肢には「ローカル冗長」と「読み取りアクセス地理的冗長」があります。
    6.ストレージアカウントを作成したら、「アクセスキーの管理」をクリックし、ストレージアカウントの「プライマリアクセスキー」または「セカンダリアクセスキー」を取得します。いずれかのキーを QNAP Azure ストレージアプリに入力する必要があります。
    FAQ-Azure_05
    FAQ-Azure_06

    QNAP NAS へのインストール

    Azure Storage QPKG のインストール

    Turbo NAS に Azure Storage をインストールするには、QTS ウェブインターフェイスに管理者としてサインインします。 次に、「App Center」 > 「バックアップ/同期」 > 「Azure Storage」の順に進み、「QTS に追加」をクリックします。
    FAQ-Azure_07

    Azure Storage の起動

    デスクトップから「Azure Storage」を起動し、「Azure Storage」をクリックして「Azure CloudBackup Station」を開きます。
    FAQ-Azure_09
    FAQ-Azure_10

    Azure アカウントの作成

    1.「アカウント」 > 「アカウントの作成」をクリックし、バックアップジョブと復旧ジョブのためのアカウントを作成します。
    FAQ-Azure_11
    2. 自分の Azure ストレージアカウントから「ストレージアカウント」と「アクセスキー」を入力し、「アカウントの作成」設定を完了します。
    FAQ-Azure_12

    Azure ストレージバックアップジョブの作成

    1.「バックアップ」 > 「ジョブの作成」をクリックし、新しいバックアップジョブを作成します。
    FAQ-Azure_13
    2.バックアップフォルダーを選択します。 1 つまたは複数のフォルダーをバックアップに選択できます。
    FAQ-Azure_14
    3.バックアップスケジュールを設定します。 「毎日」、「毎週」、「毎月」単位で定期スケジュールを選択するか、「今すぐ」バックアップできます。
    FAQ-Azure_15
    4.バックアップを設定します。 いくつかの接続パラメーターを設定できます。バックアップファイルをフィルター処理し、より効率的に転送することもできます。
    FAQ-Azure_16
    5.「アカウント」を選択肢、「コンテナー名」を入力します。その後、アカウントが有効かどうかをテストできます。 使用するコンテナーは空になっている必要があります。 存在しないコンテナーの名前を入力した場合、このバックアップジョブにより新しいコンテナーが作成されます。
    FAQ-Azure_17
    6.バックアップジョブの名前を入力します (デフォルト: バックアップ先のフォルダー -> 「Container」)。
    FAQ-Azure_18
    7.これで設定は終わりです。 ジョブの開始/停止、ジョブ設定の編集、ジョブログの表示、ジョブの削除など、このバックアップジョブにアクションを実行できます。
    FAQ-Azure_19

    Azure ストレージ復旧ジョブの作成

    1.「復旧」 > 「ジョブの作成」をクリックし、復旧ジョブを作成します。
    FAQ-Azure_20
    2.復旧ジョブを選択し、復旧元を指定します。 既存のバックアップジョブから復旧したり、Azure ストレージから直接復旧したりできます。 バックアップジョブから復旧する場合、復旧するフォルダーを選択できます。
    FAQ-Azure_21
    3.ローカル Turbo NAS の復旧先フォルダーを選択します。
    FAQ-Azure_22
    4.復旧を設定します。 いくつかの接続パラメーターを設定できます。復旧ファイルをフィルター処理し、より効率的に転送することもできます。
    FAQ-Azure_23
    5.復旧ジョブの名前を入力します (デフォルト: 復旧先のフォルダー -> コンテナー名)。
    FAQ-Azure_24
    6.これで設定は終わりです。 ジョブの開始/停止、ジョブ設定の編集、ジョブログの表示、ジョブの削除など、このジョブにアクションを実行できます。
    FAQ-Azure_25

    参照
     ■ Azure のストレージアカウントの設定、監視、拡張方法:
    http://www.windowsazure.com/en-us/documentation/services/storage/

     ■ Azure ストレージアカウントとは何ですか?
    http://www.windowsazure.com/en-us/documentation/articles/storage-whatis-account/

     ■ アカウントを作成するには?
    http://www.windowsazure.com/en-us/documentation/articles/storage-create-storage-account/

     ■ Azure ブロブストレージとは何ですか?
    http://www.windowsazure.com/en-us/documentation/articles/storage-dotnet-how-to-use-table-storage-20/

     ■ いくらですか?
    http://www.windowsazure.com/en-us/pricing/details/storage/

    ↑